2009年版コラム-----コチラ
2007年版コラム-----コチラ
2006年版コラム-----コチラ
2005年版コラム-----コチラ

2004年版コラム-----コチラ

2008/12/4

本日初日が無事に開きました。
とりあえず少しホッとします。
舞台は本番が始まると千秋楽まであっという間の夢の如し。
ほんの束の間、皆さんと一緒に楽しめると嬉しいです。
残念ながら見に来ることが出来ない皆さんも応援して下さっていて励まされます!
いつもありがとうございます。
とにかく最後まで頑張ります。

リンダリンダ〜♪


2008/12/3

さてさて本日舞台「リンダリンダラバーソール」初日で御座います。
待ちに待っていた舞台。あっという間にここまで来ました。
楽日まで全力疾走しますので応援よろしくお願いします。

楽しみやなぁ・・・。
劇場でお会いしましょう!


2008/11/26

「マグダラなマリア」が幕を閉じて落ち着く間もなく「リンダリンダラバーソール」の本番もそろそろ近づいております。
本日二度目の通し稽古。
残り数日しかないので試せる事は全部試しておかねば・・・

しかし寒くなってきたなぁ・・・風邪には気をつけて!


2008/11/17

「マグダラなマリア」無事終了〜!!!!
いやはや楽しかったです。
最後のステージではスタンディングまでして頂いて感動でした。
兎にも角にもありがとうございました!

今日から「リンダリンダラバーソウル」の稽古に復帰します(笑)。


2008/11/15

あっという間に舞台は残すところ後一日・・・2ステージとなりました。
毎回沢山のお客様の拍手を頂いて幸せ一杯です。
思えば、湯澤さんから今回のお話を聞いたのが遥か昔のように思えます(笑)。
そして台本があがり、稽古に入って、湯澤さんの頭にあったものが僕ら役者によって具体的になっていく。
バタバタのスケジュールで迷惑をかけ通しだったのですが、稽古場は笑いに溢れた楽しいものでした。
独特の世界観と物語、言葉が何処までお客様に受け入れて頂けるのか分からなかったのですが、いざ本番に入ってみるとびっくり、満員だし沢山笑って頂けるしで楽しくて仕方ありません。
自分の事で恐縮なのですが、今回ほどコメディに徹して色々遊ばせて頂いた舞台は他に無く、しかも女優デビュー出来るなんて驚きの連続です(笑)。
ホントに久々の明るくおバカな、下ネタ満載の楽しい世界に、楽しいスタッフさんキャストさん達と参加出来て良かったです!

見に来て下さった皆さん本当にありがとうございました!
明日のステージを見に来て下さる皆さん、楽しんで下さい(下ネタ満載ですが・・・笑)。
残念ながら見に来ることが出来ない皆さん、応援よろしくお願いします!またの機会に!

とにかく今は眠くて眠くて・・・女装の苦労とか、共演者の事とか、書きたいことはまだまだ沢山あるのですが・・・お休みなさい(ZZZ....)
また明日。劇場で。


2008/11/12

無事に初日が開きました!
お陰様で客席も満席で大盛況でした。
楽しかったなぁ・・・二日目からも頑張るぜぃ。

ちなみに今回は女性なのでマニキュアまで頑張ってつけているのですが、メイクと違って毎回つけて落としてという訳にはいかないのでつけっぱなしです・・・劇場までの行き帰りが恥ずかしいです(笑)。


2008/11/12

あっっっっっという間に本日「マグダラなマリア」の本番を迎えます。
次の「リンダリンダラバーソウル」の稽古と同時進行の為慌ただしくここまで来ましたが、何とか本番を迎える事が出来ます。
楽しみやなぁ・・・。
精一杯頑張りまする。

シアターアプルでお会いしましょう!


2008/11/6

もう11月?
早っ!
というか1週間くらい経ってる・・・。

え〜現在私舞台の稽古を同時に2つ参加しております。
スケジュールとか体力とかは当然キツイのですが、でもやはり楽しいなぁ・・・。
2本共随分前から楽しみにしていた作品なので楽しんでます!
「マグダラなマリア」の方はもうすぐ本番ですし。
いやぁ〜ほんとに楽しみだ。

そしてそして「家庭教師ヒットマン REBORN!」。
まさか自分がこの作品の中でもう一つ役をやらせて頂けるとは思いませんでした。
しかも重要な役を・・・頑張るぞ!
賛否両論あると思いますが、「大人ランボ」「スパナ」どっちも応援して下さい!


2008/10/30

稽古はそろそろ佳境に入って来ました。
何となく台詞も入ってきたし、段取りもついてきたし、後は内容だな。

頑張って電車乗ってます。
電車はしかし文字を読む機会が増えて良いですな。
舞台の台本だの小説だの、吊り広告だの。
取りあえず文字を糧に電車生活しています。

そういえば、以前パリのメトロに乗ったら、電車内に歌を歌ってるあんちゃんがいたり人形劇しているおじさんがいたりでとても賑やかだった事に衝撃を受けた事があります。
これがパリの日常かい!・・・自由だなぁ。
駅構内で4人組がクラシックを演奏してたりもしたなぁ・・・自由だなぁ。
お国柄の違いって面白いですな。


2008/10/18

ショーーーーック!
免停になるらしい・・・普段バイクの移動が多いので超不便になってしまう。
そんなに違反したかなと思ったら、小さな違反が累積されての免停。
はぁ・・・参ったっす。
電車イヤやなぁ。


2008/10/15

「マグダラなマリア」の顔合わせ、本読みがあった。
殆どが知り合いの気兼ねなく過ごせる現場である。これからが楽しみだ。
そして、追加の写真撮影も。
チラシ撮影以来の本気女装・・・やっぱり大変だわ。というかメイクさんが大変だわ。三人がかりでこれでもかと塗りたくり、カツラをつけてゆく。嗚呼大変だわ。


2008/10/12

先日のコラムを読み返して苦笑い。
何回「大変」を使ってんねん・・・大変さしか伝わらないコラムですみません(笑)。

さてそろそろ次の舞台の稽古が始まります。
皆さん楽しみにしていて下さいね。
しかし、あのメイクと衣装・・・本番入ると毎回やるのオレ?
まだ見ていない人は声優グランプリで 確認してみて下さいまし。


2008/10/10

遅くなりましたが、舞台「ゆらゆら」無事終了しました。
劇場まで足を運んで頂いた皆さん、本当に本当にありがとうございました!

今回もまた「暗い」「重い」「辛い」内容の作品で、尚かつ「臭い」や「「魚をさばく」「血」等の要素まで加わって、観客の皆さんには色々なものを強いる舞台だったのではないでしょうか?
自分のことを言えば、今回は初めてのカンパニーで初めて共演する方ばっかりだったこともあって非常に大変でした・・・。最初にオファーを頂いた時に予定されていた物語とは全く違う話が出来上がり、自分の役のイメージや物語との関わり方も変わって戸惑いも大きかったのですが、何とか、本当に何とか最後までやり通せたかなという感じです。
演出家の持つ芝居の方法論と自分の芝居の方法論のギャップに苦しんだり、脚本の独特の台詞のリズムをなかなか消化出来なかったり・・・いやいやホントに大変でした。一言で言えば「忍耐」に尽きる舞台でした。
そして、ベテランの方が多い現場だったので完全に若造ポジションでこれまた大変だったりしたのですが、市原さんの芝居が本当に面白くて毎回刺激的でした。
そんなこんなでなかなか苦労した舞台だったのですが、皆さんの応援で最後まで無事に乗り越えられました。本当に感謝感謝です。 ありがとうございました!!!
11月の「マグダラなマリア」そして12月の「リンダリンダラバーソウル」。
楽しみだなぁ・・・チケットはゲットされました?

さてさて、ドラマ「トリハダ4」如何でしたか?
一人で観るにはちょっと勇気がいるかもな作品でしたね。
随分前にホラーを幾つかやらせて頂いた事があるのですが、久々のホラー出演で楽しかったです。

そして、声優グランプリの女装グラビア・・・ちゃんと女性になっているかなぁ・・・不安や。

掲示板の感想、いつも楽しく読ませて頂いてます。バンバン書き込んで下さいね。


2008/9/25

舞台、残り3ステ。
夏から稽古してきたこの舞台も本当に残り僅か・・・長い長いマラソンをしてきたようだった。
最後の最後まで気を抜かず走り抜こう。


舞台が終わって帰る途中に夕焼けが見られる


昼公演のみが多い恩恵ですな


2008/9/25

舞台、残りステージもカウントダウンに入ってきました。
後・・・4ステ。


意味無いけど火曜日の夕焼け


2008/9/21

7ステージ終了です。
折り返しです。
眠い・・・寝ても寝足りない毎日です(笑)。
残り半分楽しむぞ。


2008/9/18

さて4ステージ無事終了です。
で、今日はトークセッションの日でもありました。
普段出させて頂いているイベントとかとはまた雰囲気が違って、不思議な感じでした。

舞台はお客さんと共に作る物・・・実際に本番を迎えて何回かやると本当に毎回客席の空気が違って、それによって役者陣の芝居も変わり、そして劇場全体で芝居が出来上がっていく。芝居ってやっぱり生ものなんだなぁ。


ちなみにこれが今回の台本でございます


2008/9/17

舞台、二日目無事終了です。
しかしベニサンピットって不思議な空間だなぁ・・・昔よく見に来た不思議な空間に自分が今立っているのかと思うと、これまた不思議な感覚になるなぁ。

今年は有り難い事に後二本も舞台が控えていますが、まずは「ゆらゆら」。最後まで気を抜かず頑張らねば。
今回既にいらっしゃって下さった皆さん、これから来て下さる皆さん、是非是非感想聞かせて下さいね。

舞台「マグダラなマリア」、「リンダリンダラバーソウル」のチケットをまだゲットしていない方はお早めに〜!

今日も頑張るぞ!!


2008/9/15

舞台「ゆらゆら」本日初日です。
最後まで全力疾走で頑張りますので応援よろしくお願いします!

後ほど、新しい舞台情報(先行予約情報も)をアップします。
NEWSページを見て下さいな。


2008/6/11

37歳になりました〜!!
掲示板に沢山の書き込みありがとうございます!!!!
一つ一つ大切に読ませて頂いてます。
そして事務所の方にもお手紙やプレゼントが届いているようで、後日有り難く受け取らせて頂きます。
今日受け取りが出来なくて申し訳ありません・・・。

毎年の事ですが、今年も自分を少し振り返りました。
僕はきちんと年を重ねていけているだろうか?
まだまだだな・・・頑張らなくては。本当にかっこいい、おもろい人間にならないとな。

周りの人達、ファンの皆さん、本当に本当に沢山の人に支えられて生きています。
僕が出来ることは良い表現をすること。そして感謝すること。こんなことしか出来ませんが、これからもよろしくお願いします!!!!

感謝

津田健次郎(37)


2008/6/2

舞台終了からいつの間にか一週間が経ちました・・・早!
沢山の皆さんに足を運んで頂きありがとうございました!お陰様で全公演無事に終えることが出来ました。お花やお手紙や差入れも本当にありがとうございました!
今年は舞台がまだまだ続く予定です。少し休んで今度は9月。昨日は次回作のチラシの撮影がありました。次回作も頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!


2008/4/22

テニスの王子様100曲マラソンのレポートの続きじゃ。

さてさて、最初の全体リハ。
このリハは恐らくとても重要な意味を持ったリハなんだと思う。
全員では無いにせよ、大人数の出演者がずらっと並んで同じ歌を歌う。この楽しさ、パワーをみんなが感じられた瞬間なのではないだろうか?
イメージの中にしかなかったライブが初めて形を帯びた瞬間のような気がする。恐らく出演者、スタッフ共に手応えのようなものを初めて手にしたのがこのリハだったのだと思う。もしかして、何だか大変な事を僕たちはやろうとしている?
全体曲なんか楽しくて楽しくて・・・嗚呼ヤバイ。
といってもまだまだ準備が足りない。空き時間を見つけてはユニットの動き復習。歌詞の確認。いけるか?まぁ少しは馴染んで来たかなぁ・・・。
そして全体の動き、段取り、流れを確認してこの日は終了。

またまた数日後、今度は2度目の全体リハ。
今回は初回の全体リハで出来なかったパートを中心に稽古。実はこのリハが終わると、次は本番前日の最終リハになってしまう。なので、出来ることは全てここで終わらせておかなくてはならない。
とはいえホールで確認しないと分からない事ばかりなのだが・・・。
初回の全体リハであの楽しさを覚えてしまった僕は、この日が楽しみで仕方がなかった。そして、小学生の様にウキウキしながらリハに臨む。
集まってる集まってる!兵共が集まってるぜぃ!
改めてこういう機会を持つと感じるのだが、テニプリのキャストはホントに個性豊かだなぁ・・・例えば体育会なら体育会系のカラー、オタクならオタクカラーといった風に集団というのは普通同じようなカラーを持つと思うのだが、この集団は見事にバラバラ。ぱっと見た感じとても同じ目標に向かってみんなで走るようには見えない。
そのバラバラ感が僕は好きなのだ。
バラバラな奴等が好き勝手に明後日の方向を向いていて、それでもある瞬間に同じ方向を目指してダッシュする。それのパワーが心地良い。
なんだろ、これ?なんだか心地良い・・・。
とはいえ差し迫った現実を見よ。稽古不足を幕は待たないのだ。振り付け振り付け。歌詞は大丈夫か?段取りは頭に入ってるか?う〜ん・・・不安!
これだけの人数を集めてリハをやっているのだ。当たり前のように時間が無い。前回同様駆け足にリハが消化されていく。ただし、今回が最後のリハなのだ。出来ることは全てでやっておかねばならないからみんな真剣だ。
泣いても笑っても数日後には本番が待っているのだ。このライブを心待ちにしているファンの皆さんが待っているのだ。良いものを作りたい。良いものを見せたい。その一念でみんなが真剣勝負する。
しかもこのライブはただのライブではない。一度始まってしまったらノンストップで100曲のバトンリレーをしていくマラソンなのだ。誰かが流れを止める訳にはいかない。その責任も実は重い。みんなで繋ぐバトン。
まずは自分のパートを精一杯走り抜ける事。誰一人転ぶことは許されないのだ。
そんなこんなで、限られた時間の中やるべき事を各々消化していく。
とは言ってもそこは自由人の集まり。違うユニットの自主練に勝手に参加して一緒に踊ったりで楽しき時間が過ぎていく。
成る程、これは僕らの学園祭なのだ!プロがやる本気の学園祭。遥か昔に過ぎていった青春が今ここに蘇る・・・みたいな感じ?
こんな風に最後のリハは終わっていく。
残すは前日の場当たり。そして本番を迎えるのだ!

さてさて日付は3月15日。
天気は晴れ。
本日劇場入り。
横浜へ向かうこの日、僕は甲斐田さんが車で現地に向かうというので部長置鮎さんと共に便乗させて頂くことに。
昼前、待ち合わせていざ横浜へ。
BGMは勿論100曲ライブの曲達。
時間的にかなりの余裕を持って出発したのだが、生憎道路は激混み。車が遅々として進まない・・・焦る甲斐田さん、ボォ〜っとする僕、人の歌をご機嫌に歌う部長。
集合時間は刻々と迫る。渋滞は続く・・・焦る甲斐田さん。浮かれる僕。歌う部長。
結局集合時間に余裕を持って到着。
ハロ〜横浜!
会場は思ったよりデカイ!。
ここで?ここで歌っちゃったりするのかい?
こんなにも沢山のお客さんが集まっちゃったりするのかい?
うそ〜ん・・・恐っ!
マズイ・・・マズイぞ。ここまでデカイ会場は予想外だ。どうする?どうするよ俺?
え〜っと・・・まずは・・・まずは・・・煙草!煙草を吸おう!
ふぅ〜っと一服。
・・・で?どうしよ?
え〜っと・・・え〜っと・・・煙草!煙草を吸おう!
ふぅ〜っと一服。
・・・で?
場当たりへ強制連行される。
そして直ぐに開き直った。
やれここから登場するとか、ここから袖にはけるとか、立ち位置はこの辺りとか・・・等々決め事をとにかくつるつるの脳味噌に叩き込む。
何よりも曲の順番が恐い。膨大な数の曲。その中でこの曲の時はここにスタンバイしてなんて覚えられる訳が無い。で、台本の曲順のページを破りポケットに忍ばせる事に。この紙無くしたら終わりだな・・・。
テンパったまま、バタバタと場当たりは進む。
でもやっぱり楽しい。明日、お客さん喜んでくれるかなぁ・・・頑張るぞ〜!
こうして場当たり終了。
後は本番を迎えるのみ!
ホテルへチェックイン。みんなで食事に行く。本番を前日に迎えたキャスト陣はやはり興奮気味。ワイワイと下らない会話に花を咲かせて夜が更ける。
ホテルに戻り就寝。

なかなか本番までたどり着きませんが・・・今回はここまで。
只今舞台の稽古中・・・死にそうです(笑)。


2008/3/24

お祭りから一週間が経った・・・。
夢を見ていたんじゃないかと思う。
「テニスの王子様100曲マラソン」という夢。

少し振り返る。

大規模なライブイベントをやるらしいという話を聞いたのが去年。
しかもテニプリの曲を100曲やるらしい。
なんじゃそら?
一日で?
はい、一日で。
すげっ!
当初は無謀なのではと思ったのも事実。
ただ、それが実現したらおもろそうやなとも思った。
ま、何にせよ来年の春頃の話らしいし、内容もよく分からないしで全く何も考えてはいなかった。脳味噌オープンリーチである(意味分からん)。
で、暫くすると、ホントにやるという事でスケジュールの打診が来た。
ほぉ・・・マジっすか?
スゲー!
スケジュールも空いているという事で速攻OKを出した。
それが・・・いつ頃のことだったかな?
えっと、忘れた。結構前だった気がするが・・・。
どうせやるならめっちゃ楽しんでやろうと思ったのを覚えている。
そして、2007年が暮れていくにつれて具体性が増していくのだ。
その間、幾度かキャストやスタッフとの間で打ち合わせの場があったようだが、僕はというと舞台が続いていた所為もあり全てに不参加。勿論噂にて色々と聞いてはいたのだが。
「庭球祭」「入学式」「ジャンプフェスタ」等々大規模イベント、他に数え切れない程のイベントを経験してきた歴戦の強者我々テニプリキャスト陣すらをも動揺させる100曲という数字。打ち合わせにも熱が入っていた事は想像に難くない。
しかし改めてこの無謀な企画をゴリ押しして、尚かつ実現、大成功を収めてしまったスタッフ陣に脱帽。そして大感謝なのです。
で、そのスタッフさん達が苦悩しているであろう頃、僕はといえばリアリティゼロ。やはりオープンリーチである(だから意味分からんって)。

時計は動き続ける。ライブ計画も動き続ける。
日々僕のパソコンには100曲ライブ関係のファイルが増え続け、改訂版もどんどん送られて来るので整理するのにも手間取る程だった。
年明け頃には、のんびりO型の僕も徐々にやろうとしていることの大きさを感じ始める・・・かと思いきやまだ舞台中。エンジンに点火という感じでは無かった。
そして2008年の正月気分も抜け、街が新しい年を軌道に乗せ始めた2月頃、スロースタートしていた僕のつるつる脳味噌が小さく発火。具体的なリハーサルのスケジュールが決まり始めたのだ。
そっか、やるのね?マジでやるのね?
頭では分かっていたことだが、自分自身に再確認。
5000人のお客さんの2ステージ・・・合計10000万人のお客さんですってよ旦那!
どうする?
何する?
逃げる?
いやいや違う違う、ダメダメ。
何が出来る?
どうやって楽しんで貰う?
う〜む・・・取りあえずリハやってみなくてはわからんねぇ。
ということで思考停止。まずは自分がリハから楽しむ事が最初かなと思っていた。こんな機会めったに無いんだから踊らにゃ損損。

で、少々日は流れ、遂にリハ当日。
出演者数が多い為にまずはユニット毎のリハから組まれている。
「キャップと瓶」「眼鏡`s」という二つのユニットに参加させて頂いている僕は(・・・しかし幸せな事やなぁ)、まず「眼鏡`s」から始動。
まずは様子見を決め込んでいた僕はイメージはあるものの具体的にはノープランでスタジオへ。
打ち合わせに全く参加出来ていない為スタッフさん達と顔合わせを終え、いざリハへ。
眼鏡軍団(三人だが)の眼鏡リーダー木内っつぁん主導でリハ開始。驚いた事に眼鏡リーダーであり眼鏡`sの仕掛け人である木内っつぁんは事前に演出のN氏と打ち合わせをしており、眼鏡軍団の方向性を決定していたのである。マイペースな部長置鮎氏と、適当の異名を持つ僕の性格を熟知している!流石!頼りになりますなぁリーダー!
で、その方向性とは・・・。
前半の出演パートは三曲のメドレー。しかもこれはリーダー自らが曲を繋いでメドレーにした仮曲が既に用意されていて、気合いの程が伺える。
そして後半部は二曲。しかもラストの曲はライブ当日発売の新曲「さよなら・・・眼鏡`s」であり、しかもひっくり返る様な衝撃発表まで付いているのだ!
分かりました、やりましょう。やりましょうぞリーダー!出来ることは全てやりましょう!凝って凝って凝りまくってやる!作り込みまくってやるぜぃ!
この最初のリハで僕のエンジンは始動!
三人で会場を沸かせてやるぜ!!!
恐らくポーカーフェイスを装ってはいるが部長置鮎さんも同じ気持ちだったのではないだろうか?
そして、曲に合わせた振り付けが始まるのだ。
振り付けも、眼鏡らしさ(う〜ん意味分からんけど素敵な言葉)を大切にする方向でつけられていく。これがまた楽しかった。振り付けの先生と我々との即興セッション。まさにライブのように出来上がっていく。普段色んな事をリーダーにお任せしている分こういうところで役に立たねばと脳味噌フル回転である。ここぞとばかりにみんなでアイディアを出しまくるのだ。
燃えているけど淡々と。突き抜けそうで突き抜けない。眼鏡を主体に。僕らが昔見た80年代アイドル達の懐かしさ。そんな感じのイメージが僕らの動きに込められていく。
情熱を眼鏡に隠したクールでお馬鹿な三人に映れば成功だろう。
これは振り付けの先生に感謝なのだが、僕らは三人ともキャラクター的に弾けてはいけないという自主的な縛りがあり、仮に弾けたとしても表情はあくまでも淡々としていなければならない。だからとても制約が多いユニットなのだと思う。そしてそこにこそ面白さがあるのだと。しかも三人とも低音、低体温。だから、僕らが動けない分、ダンスチームを激しく動かす作戦を組んで下さった。本当に感謝である。
こうして「眼鏡`s」の骨子が組上がった。
・ ・・ふむ、おもろいね。
バッチリ振りを付けて頂き、凝った分だけ自分たちの首を絞めまくった我ら三人は、これ大丈夫?踊れる?という不安を抱えつつもご満悦なのであった。後はひたすらに自主練あるのみ。後日、スタッフさん達に我が儘を言い、自主練をする為にスタジオまで押さえて頂いたのである。
細かく作り込んでいく楽しさを存分に味わえた時間であった。
これが「眼鏡`s」のスタートだ。

また数日が過ぎ、次にリハへ臨むのは爆発力とキュートさを併せ持つ大人子供ユニット「キャップと瓶」!
老舗ユニットの登場である。こちとら歴史が違うぜ。嗚呼楽しみ!
スタジオに行くと、待合いスペースに川本成以外のみんなが勢揃い。う〜ん良い。見事に大人子供である。お菓子なんぞを頬張りながら、大人がグダグダと子供みたいなアホ話に花を咲かせている。暫くしてツッコミが遅れて登場。全員揃っていざリハーサル開始。
まずは何も決めずに歌ってみる。何だこれ?楽しい〜!長い間テニプリの賑やかしを担当し続けて来た僕らは凄い!アホや!ノリだけで全部やろうとしてる〜!楽しい〜!
小野坂お父さん、気付いてないかも知らんけどあんた大人やねんで。文句言いながらめっちゃ楽しそうやん。ノリノリやん!
広樹、「キャップ」は君が頼りやで。君が振りも歌も全部完璧にやってくれるから成立すんねん。みんな君をカンニングするからな。頼むで!
成、稽古嫌いやからってノリだけでは無理やって。無理やって。無理・・・やないか。いや、まぁええわ、やっぱしノリでいこか!
喜安、真面目なふりしてもあかんよ。真面目な顔してても本番ブレーキ壊れて爆発するの分かってるから。
このユニットは型にはめられない!はめられてたまるか!
俺達は強い!
細かい事は無し!ざっくりと動きを付けて後はノリで勝負じゃ!
リハ終了!

改めて僕は幸せだと思う。
「眼鏡`s」という作り込むユニットの楽しさ、「キャップと瓶」というずっとずっと一緒にやってきた頭のおかしな奴らとの爆発、これを同時に味わえるのだから・・・本番死んでしまうかもなぁと思った。
こうして何回かの自主練含めたユニット別リハが終了。
恐ろしい事だが、ここまで楽しんでおいて実はこの時のテンションは未だ60%程度だったのである。この後僕のテンションは「まだまだ上に行くよ」なのだ。おぉ恐ろしい。

余談だが、ユニット別リハが終了してから本番までの間、僕は100曲ライブの曲以外を聞けなくなってしまった。歌詞は勿論の事、僕のつるつる脳味噌にはなかなか振り付けが入らなくて、延々にライブで関わる曲ばかりを聞いていたのである。寝ても覚めてもライブライブライブ。ipod nanoちゃんよ、すまねぇ。煙を噴く程に俺の脳味噌に曲を叩き込んでくれぃ!
・ ・・嗚呼他の曲が聴きたいよぉ。

またまた幾日が過ぎ、月が変わって三月。
さ、さんがちゅ?
本番まで後二週間ちょいしかないやん!
ここでグッと緊張とリアリティが増す。
そしてそして、今までバラバラにリハしていた面子が一堂に会して初の全体リハ。
この時まで僕は全く分かっていなかったのだ。テニプリ100曲マラソンというものが一体どういうものなのか。個性溢れるキャラクター達が揃う事がどういうことなのか。
圧巻・・・。
みんなが並んで一緒に歌う。これは凄い!凄いパワーだ!凄い楽しさだ!
僕は全く分かってなかっいなかったのだ。
リラックスしてゆる〜く流したリハでさえこれなのだ。本番やばいな。楽しすぎるだろ?

そして衣装合わせ。僕には楽しみが二つあった。
一つは「眼鏡`s」後半の衣装。これは「踊りませんか?眼鏡`s」のCDジャケットの服を再現して頂いていたのだ。
合わせてみる。すげ〜豪華!こりゃ衣装負けしないように頑張らねば。
そしてもう一つ。特注の青学ジャージだ!僕ら青学の誇り、ジャージの上下!今回のパンツには青学の文字が!夢にまで見た青学ジャージの上下!
嬉しかったなぁ・・・。
今回はスタッフさんがお忙しい中、本当に無理をして用意して下さったものなのだ。感謝感謝である。

えっと・・・とりあえず今日はここまで。
まだまだ溢れんばかりに書きたい事があるので、続く。